骨粗しょう症とは

老化などの原因によって骨がスカスカでもろくなり、骨折しやすくなってしまう病気です。
骨に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル量は、20-30歳頃をピークに、年を重ねるごとに徐々に減少していきます。
現在わが国には、骨粗しょう症の人は1300万人以上いると言われています。ところが、そのうち病院できちんとした治療を受けている人はたった2割しかいません。
骨粗しょう症の恐いところは、多くの方は自覚症状がなく、自分は大丈夫だろうと思っているため、骨折をするまで気がつかないということです。
女性の場合、閉経を機に骨密度が低下しますので、50歳を過ぎたら1度は骨密度検査を受けることをお勧めします。

「いつのまにか骨折」の恐さ

  • 『最近、背中が曲がってきた』
  • 『背が縮んだ気がする』
  • 『背中や腰の痛みが長引いている』

「歳をとったせいかしら」と思われる方が多いですが、実は単なる加齢のせいではないかもしれません。骨粗しょう症による「いつのまにか骨折」が隠れている可能性があるため、きちんとした検査が必要です。
若い頃の身長と比較して4cm以上低くなっている人は、そうではない人と比べ、骨折するリスクが2倍以上高いという報告もあるほどです。
これから超高齢化社会へ突入する日本において、寝たきりの原因の多くは骨折と言われています。
この骨折をしっかりと予防することが、健康な老後を過ごす重要なポイントであると考えます。
そのためには、症状のないうちに骨粗しょう症の検査をおこない、治療が必要な状況であれば、早期に治療を開始することが大切です。

骨粗しょう症の検査について

当院では、十分な問診と身体診察ののちに、レントゲン検査、骨密度測定、血液検査など各種検査をおこなっております。
それぞれの結果から日本のガイドラインに沿って総合的に判断し、正確な診断をいたします。

  • レントゲン検査:腰に隠れた圧迫骨折がないかどうか、骨や椎間板の変性によって背骨が変形していないかどうか、などを判定いたします。
  • 骨密度検査:当院では、骨粗鬆症治療ガイドラインで推奨されている「腰椎・大腿骨を用いたDXA(デキサ)法」にて測定しております。これにより正確な値を知ることができます。
  • 血液検査:骨代謝マーカー(骨を作る力、骨を壊す力を表す指標)を測定し、骨の新陳代謝の異常を見つけます。これを調べることにより、ひとりひとりの患者さまの骨の状態に最も適した治療(薬物療法、注射療法)を選択することができます。
    また、血液検査により骨粗しょう症以外の原因(悪性腫瘍や骨髄腫など)を早期に見つけることも可能です。

骨粗しょう症の治療

食事・運動・薬物療法が骨粗鬆症治療の3本柱です。

食事療法

最も重要なことは、カルシウムとビタミンD(主に腸でカルシウムの吸収を促進する)を多く摂取することです。カルシウムは、乳製品や大豆製品、海草や緑黄野菜、小魚などに豊富に含まれており、ビタミンDは、魚やきのこなどに多く含まれています。
また、ビタミンDは日光を浴びる事でも産生されますので、適度な日光浴はとても効果的です。
その他、ビタミンKも大切です。ビタミンKは骨からカルシウムが出ていくのを抑える働きがあるほか、カルシウムが骨として取り込まれるのを促す働きもあります。
ビタミンKは、納豆やわかめ、のり、モロヘイヤなどに多く含まれています。

現在の日本人は、食生活の変化もあり、カルシウムが不足がちというデータが出ています。バランスの良い食事を摂ることが基本ではありますが、そのうえで充分なカルシウムの摂取(1日700~800mg/日以上が目標)を心がけることが大切です。カルシウム摂取が不足すると、骨粗しょう症の原因となるだけでなく、動脈硬化症・糖尿病・高血圧など様々な病気が起こりやすくなってしまうのです。
骨粗しょう症の人が避けるべき食品は特にありませんが、カフェイン、アルコールなどの摂り過ぎには注意しましょう。過度のアルコールは、カルシウムの吸収を妨げたり、尿からのカルシウムの排泄量を増やしたりします。カフェインもまた、カルシウムの排泄を促します。

最も重要なことは、カルシウムとビタミンD(主に腸でカルシウムの吸収を促進する)を多く摂取することです。カルシウムは、乳製品や大豆製品、海草や緑黄野菜、小魚などに豊富に含まれており、ビタミンDは、魚やきのこなどに多く含まれています。
また、ビタミンDは日光を浴びる事でも産生されますので、適度な日光浴はとても効果的です。
その他、ビタミンKも大切です。ビタミンKは骨からカルシウムが出ていくのを抑える働きがあるほか、カルシウムが骨として取り込まれるのを促す働きもあります。
ビタミンKは、納豆やわかめ、のり、モロヘイヤなどに多く含まれています。

現在の日本人は、食生活の変化もあり、カルシウムが不足がちというデータが出ています。バランスの良い食事を摂ることが基本ではありますが、そのうえで充分なカルシウムの摂取(1日700~800mg/日以上が目標)を心がけることが大切です。カルシウム摂取が不足すると、骨粗しょう症の原因となるだけでなく、動脈硬化症・糖尿病・高血圧など様々な病気が起こりやすくなってしまうのです。
骨粗しょう症の人が避けるべき食品は特にありませんが、カフェイン、アルコールなどの摂り過ぎには注意しましょう。過度のアルコールは、カルシウムの吸収を妨げたり、尿からのカルシウムの排泄量を増やしたりします。カフェインもまた、カルシウムの排泄を促します。

運動療法

骨は、運動をして負荷をかけることで丈夫になります。さらに、筋肉を鍛えることで体をしっかり支えられるようになり、バランス感覚が良くなります。その結果、転倒防止にもつながるため、運動療法は骨粗しょう症の治療に不可欠です。
運動といってもハードなものは必要なく、散歩や体操など簡単なもので十分ですので、とにかく長く続けましょう。背筋や腹筋などの体幹を鍛える運動も、背骨の圧迫骨折の予防になりますのでとても効果的です。
当院のリハビリでは、骨粗しょう症の方を対象とした、お家で簡単にできる体操やストレッチなどの指導もおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

薬物療法

検査の結果、著しい骨密度の低下がある方や骨折リスクが高いと考えられる方は、お薬による治療が推奨されます。
骨粗しょう症治療薬には、大きく分けて「骨吸収抑制薬」と「骨形成促進薬」の2種類あり、その他に骨密度を上げるため補助的に併用するものも存在します。お薬の効果には個人差があり、副作用がでることもありますので、外来で定期的な検査をおこないながら続けていくことが必要です。

  • 骨吸収抑制薬:ビスホスホネート製剤、SERM製剤、抗RANKLモノクローナル抗体製剤
  • 骨形成促進薬:PTH製剤(副甲状腺ホルモン)製剤
  • 補助的な薬:ビタミンD製剤、ビタミンK製剤