関節リウマチとは

  • 『朝起きた時に手がこわばる』
  • 『手や指、ひざなどの関節が腫れてきた』
  • 『からだの節々が痛い』

「関節リウマチ」という病気は、聞いたことがある方も多いと思います。

この病気にかかってしまうと、体のあちこちの関節が腫れて痛み、ひどく変形してしまうこともあるため、整形外科で扱う病気の中でも特に注意すべきものとして位置づけられています。
この病気の本態は、免疫の異常により体のあちこちの関節に腫れや痛みを引き起こす慢性の関節炎で、放っておくと関節が破壊され、二度と元には戻らなくなってしまいます。

女性の患者さんが男性の約3~4倍と、女性に多い病気ではありますが、男性にも発症することも少なくありません。発症年齢も30~50歳代がピークといわれていますが、早ければ20歳代で発症する方もいます。

かつてこの病気は「慢性」関節リウマチと呼ばれていましたが、現在は「慢性」という表現は削除されています。
その理由は、近年この病気に対する研究が進み、診断や治療法が著しく進歩したためです。

現在は、当院のようなクリニックレベルでも、適切な検査をすることによって、かなり正確に、そして早期に診断可能となりました。

とにかく早期発見、早期治療が大切

「関節リウマチ」といえばとてもこわい病気、不治の病だと、心配される方は多いと思います。
しかし、早期に関節リウマチと診断できて、適切な治療を選択できれば、予後は決して悪くありません。
そればかりか、リウマチを寛解状態(病状を完全に抑え込むこと)にもっていくことだってできるのです。

検査と治療はどうするか

問診や症状などから関節リウマチが疑われる場合はまず、血液検査やレントゲン検査、超音波検査などをおこないます。
検査の結果から治療が必要と医師が判断すれば、おくすりによる治療を開始します。
関節リウマチ治療のアンカードラッグ(最も効果的で世界的に広く使われているおくすり)であるメトトレキサートを軸として、ひとりひとりの患者様の状態に合った適切な薬剤を選択します。
一定期間の治療を試みて、それでも効果が乏しい場合は、「生物学的製剤」という強力なおくすりや注射を使用する場合もあります。
これらのおくすりや注射は、ただ炎症や痛みを抑えるだけでなく、病気の進行を阻止し、その結果、関節の破壊を防ぐといった効果も期待できます。
また、痛みによりしばらく関節を動かさないでいると、どんどんこわばり硬くなってしまうため、リハビリテーションも併せて行うことで、関節の機能障害をおさえることができます。

これらの治療をおこなっても改善が見られない場合や、関節の破壊が著しく日常生活に大きな制限が出てしまっている場合には、手術療法(人工関節置換術、関節固定術、滑膜切除術、関節形成術など)を選択することもあります。
当院は、近隣の大学病院や市中病院と密接に連携をとっておりますので、それぞれの関節に対して、信頼できる先生を紹介させていただきますので、ご安心ください。

関節リウマチと似た症状を呈する別の病気にも注意

「なんとなく症状はリウマチっぽいけど、関節リウマチの診断基準は満たさない」

実際の臨床現場において、このようなケースは多くみられます。
関節リウマチ以外のリウマチ性疾患には、首や肩、股関節、臀部、太ももなどに原因不明の筋肉の痛みや発熱、全身のだるさが見られるリウマチ性多発筋痛症や、免疫異常により発熱や様々な部位に皮膚症状や関節症状が見られる全身性エリテマトーデス・皮膚筋炎・多発筋炎、関節リウマチなど自己免疫性疾患に合併しやすいシェーグレン症候群など、様々なものがあります。

これら疾患は、関節リウマチの症状とよく似ているので、きちんと鑑別する必要があります。

当院のリウマチ科で対応可能な疾患
  • 関節リウマチ
  • シェーングレン症候群
  • 全身性エリテマトーデス
  • 皮膚筋炎・多発性筋炎
  • リウマチ性多発筋痛症
  • サルコイドーシス
  • ベーチェット病
  • 強皮症
  • 結節性多発動脈炎
  • 混合性結合組織病
  • 抗リン脂質抗体症候群 など

おわりに

ひと昔前までは難病だった関節リウマチも、医療の進歩により、現在では「治せる病気」となってきました。
しかし冒頭にも述べましたが、そのためには早期発見、早期治療がなによりも大事です。
朝起きた時に手がこわばる、あちこちの関節が腫れて痛い、からだの節々が痛いということがありましたら、関節リウマチかもしれません。
どんな些細なことでも構いませんので、不安なことがございましたら、当院へお気軽にご相談ください。